FC2ブログ

綺麗!

こんばんは~

今日は珍しくニジイロの記事です(笑)
書きたくても中々書けずにいたので、スッキリしました。

今回UPするのは、musimusuさんの試作RED系統と、WBスーパーグリーン×OBJ京都様大型系系統の2系統の♂です。
先ずはmusimusuさんの試作RED系統から...

_DSC1067_convert_20171028185209.jpg

結構ベッタリと赤が乗ってます。
画像ではピンクに写ってますね^^;

_DSC1072_convert_20171028185249.jpg

真上から。
緑が良い具合に抜けています。
ブリードしたいのですが、残念ながら元気な♀がいません...

_CSC1074_convert_20171028185218.jpg

この角度が一番赤く映ります。
でも実物はもっと赤いです^^;

自分的にはサイズも色も満足な個体になりました。

次はWBスーパーグリーン×OBJ京都様大型系系統です。
長ったらしいのでSG大型系統の表記にします。

_DSC1060_convert_20171028185157.jpg

赤の上に緑を被せた感じの個体です。
中々見ない発色と思うんですが、如何でしょうかね?

_DSC1065_convert_20171028185301.jpg

真上から。
この画像を見て頂ければ分かると思いますが、ホントに妙な発色なんです^^;

_DSC1061_convert_20171028185229.jpg

角度によっては上翅も結構青く見えますし、裏面は角度を付けなくても結構青いです。
もしかすると今後の累代では青っぽい色が出るかもですね^^

しかし残念なことに此方も元気な♀はいません...
一先ずレッド、グリーンの♀を探そうと思います。

では
スポンサーサイト

ペレメタはどうなるか?

こんばんは~

全く記事にしておりませんでしたが、今期のペレメタは累代すら怪しいです。
割り出し後に入れたマットが合わなかったっり、乾燥させてしまったりで殆どの幼虫を落としてしまいました...
結局残った数も2頭と大型は期待できそうになかったのですが、そのうち1頭はどうやらそこそこにはなりそうです^^

8月の交換時には9gあり、1500cc瓶に投入しました。
流石に同じマットを使う気にもなれないので、新しく作ってみたエノキ生オガ+クヌギホダの発酵マットにお試しで投入しました。
先程確認してみると、少しづつ大きくなっているようで羽化が楽しみです。

今年の2月に羽化した↓の個体達の同腹個体の子孫なので、何とか繋げたいところですね^^

_DSC0563_convert_20171013190350.jpg

【Cyclommatus metallifer finae】
メタリフェルホソアカ
ミヤマクワガタじゅんさんパープル♂×アウトドアら~さんブルー♀系統
インドネシア ペレン島産 CBF1
自作マット600cc1本返し 82mm


_DSC0560_convert_20171013191333.jpg

【Cyclommatus metallifer finae】
メタリフェルホソアカ
ミヤマクワガタじゅんさんパープル♂×アウトドアら~さんブルー♀系統
インドネシア ペレン島産 CBF1 
自作マット600cc→クヌギカワラ850cc 86mm


何方の個体も瓶が狭すぎるため、蛹化後は他の個体の蛹室に入れて羽化させました。
下の86mmの個体はホソアカらしくない太さで、お気に入りの個体です。
目標の90mmを超すには、何かもう一工夫必要そうですね~

先ずは今居る2頭の無事な羽化を願います...

では

人気は無いが...

こんばんは~

今回は個人的に大好きなアッチョスネブトです。
ですがタイトル通り、人気のない虫です...^^;

RIMG6423_convert_20171007011458.jpg

【Aegus acchusi 】
アッチョスネブト CBF8
インドネシア 南スラウェシ州 ラティモジョン山

サイズの割に迫力のある虫です。
コロコロとした可愛い奴ですが、顎が超カッコいいです^^

RIMG6422_convert_20171007012710.jpg

横から。
今季最大個体ですが、23mm程度です。
どうあがいてもアーリーさんには追い付けません...

RIMG6437_convert_20171007011538.jpg

本種を入手したのは数年前ですが、今年の初め頃に販売されていたので、他にもまだ飼育されてる方がいるようで嬉しいですね^^
その際は購入を見送りましたが、別系統だったら欲しかったので惜しいことをしてしまいました...
累代が進むたびに蛹化が上手く行かなくなってるので、血の入れ替えをするか数を採らないと厳しい状況です。

このネブトの面白いところは、材にも産むことですね~
オオクワ等の割りカス(柔目の部分)を加水して、産卵セットの底部に並べておくと、材の表面を削って卵を産みます。
他にも材の表面にマットを押し固め、その隙間にも産卵しています。

そして過去にはなんとそのまま材を食う幼虫もいました(笑)
それがコチラです↓

アッチョスネブト幼虫 材産み

見つけたときは少し衝撃的でしたが、野外で白枯れ材に入るネブトもいますし有り得ないことでは無いですね。
試しに幼虫飼育の際に、集団飼育しているケースにコナラ材を入れてみたところ、しっかり食べていました。
野外でも白枯れ材を好む種なんですかね?それとも累代飼育の中で適応したんでしょうか...?

とにかく面白い種なので、機会があれば是非飼育してみてください。

では

ルソンは凄い

こんばんは~

今日はネブト記事の箸休めに、タウルスです。
タウルスも書き始めると止まらなそうですが...まあ、自分の記録用も兼ねて書きますね^^;
では、今回はルソンです。

_DSC0888_convert_20171006213932.jpg

【Dorcus taurus cribriceps】
タウルスヒラタ WF1
フィリピン ルソン島 オーロラ州 シエラマドレ 

この個体はWF1最大の61mmです^^
オオヒラタケ800cc→オオヒラタケ2000cc→自作マット800ccで羽化しました。
羽化したのはかなり前の話ですが(笑)

最後にマットに入れたのは、菌糸がボロボロに劣化したので入れたんですが、それがマッチしたようでデカくなりました。
あと2000ccの所は1400ccで良かったですね。

でも、2000ccのボトルで落ち着いて食えていたので、相当素晴らしい素質があったんだと思います。
以前他の産地でやったときは暴れまくったり全然食わなかったりで散々でした。
流石はルソン、最大産地ですね。

現在ペアリングが済んだところですので、しっかり産ませようと思います。
次こそはレコード越え...いや、70mmを目指したいですね。

では

ヨナグニネブト

こんばんは~
今回で国産ネブト記事は一区切りです。

では本題へ...

2017.10.10 ヨナグニネブト F4 02

【Aegus isigakiensis mizunumai】
ヨナグニネブト F4
沖縄県 八重山郡 与那国町 インビ岳

ヤエヤマネブトの与那国島亜種、ヨナグニネブトです。
210さんからF4幼虫を頂き、2ペア羽化しましたが♂が死亡...m(__)m
本亜種の販売情報もなく、途方に暮れていたところ、210さんのご厚意で写真の個体も含め、♂を沢山送っていただきました。
210さん、有難う御座いましたm(__)m

2017.10.10 ヨナグニネブト F4 01

横から。
力強く尖った顎が本当にカッコいい亜種です。
飼育していて感じるのは、少し癖がある印象です。
ネブト飼育に定評のあるマットを使いましたが、全く大きくなりませんでした。
原因の大部分は腕のなさでしょうけど...

別系統の入手も検討しつつ、来期は大型を羽化させたいですね~
そのためには先ずはマットを研究しなければいけませんね^^;

では

オキノエラブネブト

こんばんは~

日刊ネブト記事...というわけではないですが、またネブトです。
もう少し続きますm(__)m

先日のイヘヤに続き、新たなネブトがやってきました。

2017.10.06 オキノエラブネブト F4 01

【Aegus subnitidus tamanukii】
オキノエラブネブト F4
鹿児島県 大島郡 知名町 大山

また別のショップ様から、オキノエラブネブト・幼虫5頭セットを購入しました。
判別なし5頭セットだったのですが、なんと3ペア入ってました...感謝ですm(__)m

2017.10.06 オキノエラブネブト F4 02

本種は本土ネブトの沖永良部島亜種となっており、アマミネブトと同じく大型個体が羽化しやすいようです。
以前からの憧れのネブトでして、何時かは自己採集したい種でもあります^^

また餌交換、羽化の際に記事にしますね。

では

アマミネブト 奄美大島産

こんばんは~

お察しの通り、またネブトです。
では本題へ...

2017.10.6 奄美大島アマミネブト F2 02

【Aegus subnitidus taurulus】
アマミネブト F2
鹿児島県 大島郡 龍郷町 戸口

本土ネブトの奄美大島亜種、アマミネブトです。
比較的簡単に大歯が出るので、お気に入りのネブトです。

2017.10.6 奄美大島アマミネブト F2 01

横から。
大きな内歯がカッコイイですね^^
ずっと眺めて居られます。

2017.10.6 奄美大島アマミネブト F2 03

余りにカッコいいのでもう一枚。
この個体は28mmとまだまだですが、繭から出てきたときは痺れました♪

今期は成熟を見誤ったようで無精卵祭り...
どうやら累代が厳しそうなのが辛いです。

万が一途絶えたとしても、またすぐに探して累代したい種ですね~
例に漏れず本種も喰いカスマットで爆産します。

では

ヤエヤマネブト 石垣島

こんばんは~

え~っと、またネブトです。
因みに、本記事もそうですが、ネブト記事は殆ど予約投稿です(^^ゞ

では本題へ。

2017.10.6 石垣島ヤエヤマネブト 02

【Aegus ishigakiensis ishigakiensis】
ヤエヤマネブト F4
沖縄県 石垣市 於茂登岳

親が死亡し、展足待ちなのでこの姿ですm(__)m
現在はF5幼虫が大量に居ます。

2017.10.6 石垣島ヤエヤマネブト 01

横から。
小型個体なので頭部は小さめです。
これで30mm超えてきたらカッコいいだろうなぁ...

ヤエヤマはデカくしずらいようですが、何とか30mmは超えたいところですね~
先ずは第一段階として、今期は25mmから狙っていきます。

では

イヘヤネブト

こんばんは~

今回もネブトです。
ネブトラッシュに暫くお付き合い頂ければ幸いですm(__)m

2017.10.06 イヘヤネブト F2 02

【Aegus nakanei doii】
イヘヤネブト F2
沖縄県 島尻郡 伊平屋村 腰岳

オキナワネブトの伊平屋島亜種、イヘヤネブトです。
本種は先日、某ショップ様からやってきました。
めちゃめちゃ小さいですが、果たして大歯は出るのだろうか...(笑)

2017.10.06 イヘヤネブト F2 01

横から。
小さいですが、内歯が堪らないですね^^
もう最高です!

此方も少ししたらセットですかね~
赤枯れマットはいらないと思うので準備してませんが、大丈夫ですかね...
喰いカスマットがなくなってきたので、不安です^^;

では

オキナワネブト 粟国島産

こんにちは~
どうも最近ネブト、コクワ熱が上がりつつあるので、少しの間、ネブト、コクワ記事をまとめますね。

先ずはオキナワネブトです。
本種に限らず離島ネブトは情報が少ないので、記事をこまめに書ければと思います。

2017.10.06 粟国島オキナワネブト F2 02


【Aegus nakanei nakanei】
オキナワネブト F2
沖縄県 島尻郡 粟国村 西

粟国島のオキナワネブトです。
湾曲がきつくてカッコいいですね^^

2017.10.06 粟国島オキナワネブト F2 01

横から。
果たして大歯は出るのだろうか...
一応自作ネブトマットの構想は練ってますが、幼虫が採れるまでに完成するとは思えません(笑)

そのうち沖縄本島の個体とも比べてみたいですね~
その前に粟国島をしっかり繋げないといけませんが...不安です^^;

では
プロフィール

ムシきんぐ

Author:ムシきんぐ
生物大好きムシきんぐです。
主に昆虫、爬虫類、少し川魚、奇虫、両生類など色々います。
ムシ友さん募集中です^^

今月の一枚
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
↓ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking

虫友さんの近況です^^
検索フォーム
リンク
連絡はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる