FC2ブログ

改訂版 タウルスヒラタの飼育

かっつさんプレ始まりましたよ~
皆さんで盛り上げましょう^^

協賛品は、パキスタンクルビと国産コクワセットになります。
詳しくは前回の記事を読んで頂けると助かります。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

こんにちは~
以前タウルスヒラタの飼育についてまとめましたが、改めて読んでみると...な感じでしたので作り直しますm(__)m
文字ばかりでは面白くないので、画像を適当に挟みつつお送りします。

_DSC0888_convert_20171006213932.jpg
【フィリピン ルソン島 オーロラ州 シエラマドレ産】


全く記事を上げないのでご存知でない方も多いかと思いますが、タウルスヒラタは僕のメイン種であり、一番好きな種です。
そこで、少しでもタウルスを布教しようと思い、記事を書かせて頂きます。
では、少しでも役に立てれば幸いです。

_CSC0909_convert_20180530171850.jpg
【マレーシア パハン産】


1.成虫の入手
基本的にWDで入手することになるかと思います。
近年はルソン、ミンダナオの物が比較的入手しやすいかと思います。
売れないためかジャワ、スマトラの販売は減りつつあるので、残念です。
また、ジャワとスマトラは良く混同されて販売されているので、しっかり見極めて購入されるのが良いかと思います。

ルソン、ミンダナオ以外のフィリピン産(レイテ、サマール、パラワン、カタンドゥアネス、マリンドッケなど)や、マレーシア、ボルネオ産は稀にWD入荷がありますので、欲しい方は常に販売店やオークションをチェックされることをお勧めします。

タナジャンペアはWD入荷は皆無ですが飼育品が少ないながら出回っていますので、入手は可能かと思います。
タイ産は今はほぼ入手不可能かと思います。

_DSC1920_convert_20180530172034.jpg
【フィリピン マリンドッケ島 Mt.カンアット産】


2.産卵
割と材産み傾向が強く、マットには産まないこともあるので、必ず材を入れてセットしてください。
♀が小型ですので小プラケに材一本で十分です。
マットが気に入ればマットにも沢山産みますので、良質な発酵マットで材を埋め込んでください。
セットの仕方としては良く言われている底3センチ堅詰め、上に材を置きマットで埋めていくやり方でOKです。

_CSC1196_convert_20171103073915.jpg
【フィリピン ミンダナオ島 Davao del sur Digos kapatagan産】


3.割り出し→1本目投入
セット後♀が落ちるまで放置しても良いですが、基本的に1か月で♀を抜き、3週間後に割り出します。
孵化直後でもない限り、そのまま菌糸に入れてしまって大丈夫です。
1本目の容器サイズは600cc~800ccがお勧めです。
※タウルスのギネスはマット飼育の個体もありマットでも良いかと思いますが、個人的に1本目は菌糸の方が楽なので、今回は菌糸→マットの飼育法を書かせて頂きます。因みに菌糸はヒラタケでもオオヒラでもカワラでも大丈夫です。

_DSC1947_convert_20180530173509.jpg
【フィリピン パラワン島 Mt.ガントン産】

4.2本目~羽化まで
ここからは2パターン紹介します。

先ずは2本羽化パターン。

1本目 ♂♀共に600~800ccの菌糸
↓喰いあげたら交換(3~5か月)
2本目 ♂800~1500ccのマット、♀無交換又は600~800ccのマット

蛹化、羽化

となります。
この方法のメリットは暴れることが少ないので、安定して大型が羽化してきます。
デメリットとしては、マットで栄養を抑えめにして羽化させるので、極太個体の羽化は難しいです。
そして♀はこの方法で統一してOKだと思います。

次に3本パターン。
♀は2本羽化パターンですので、この方法は♂のみに使用します。

1本目 ♂♀共に600~800ccの菌糸
↓3令初期で交換(2~3か月)
2本目 ♂800~1500ccの菌糸
↓3令後期のMAX体重に乗ってそうなときに交換(2~3か月)
3本目♂800~1500ccのマット

蛹化、羽化

となります。

この方法のメリットは最大限に菌糸を喰わせられるので、太い個体や特大個体が羽化してきます。
デメリットとしては、交換タイミングを間違えると暴れまくって小型個体が羽化してきます。

そしてここで重要なのは、2パターン共に2本目以降は低温飼育をすることです。
大型個体を狙うなら幼虫期間をなるべく長くしたいので、しっかり低温飼育をしてください。
特に前蛹時は18~22℃をキープすることで長歯型が羽化しやすくなります。
ただし、羽化時に温度が低いと失敗することもありますので、蛹化後は少し温度を上げても良いかと思います。

_CSC1922_convert_20180530173817.jpg
【フィリピン カタンドゥアネス島 Mt.tabrac産】


5.成熟
羽化後、3か月程度で成熟します。
寿命も長いので、そこまで焦ってブリードしなくてもいいかと思います。
後は2に続きます。

RIMG4812_convert_20180530174737.jpg
【インドネシア ジャワ島 Mt.イジェン】

以上でタウルスヒラタの飼育法を終わります。
ぶっちゃけ殆ど基本的なヒラタの飼育と変わりませんね(笑)
あとジャワだけいい写真が残ってませんでした^^;

最後に各ベスト記録を書いて終わります。
・ルソン61mm
・カタンドゥアネス60mm
・マレー58mm
・パラワン56mm
・マリンドッケ56mm
・サマール55mm
・ジャワ、ミンダナオ、タナジャンペア記録なし

少しづつ記録を伸ばしたいと思います。
では
スポンサーサイト

アマミコクワ 奄美大島

こんばんは~

今年ブリードのアマミコクワを先日交換しました。
ヒメカブマット微粒子500ccに投入後、1か月での交換ですが、1頭の♂が2gを超えていたのでクヌギ+ブナのオオヒラタケ800ccに暴れ覚悟で投入しました。
現在は落ち着いて食べているようなので、このまま大きくなってほしいですね。

取り敢えず劣化しない限りは交換しませんが、4~5g位になればギネスが見えてきそうな予感ですので、冬の間にじっくりと太ってもらいます...

2017.11.28 アマミコクワ 01

【Dorcus amamianus amamianus 】
アマミコクワ WF1
鹿児島県 奄美市 笠利町 佐仁
(親個体なので、今回交換した幼虫はF2)

この親個体は33mmで、200ccのカップにマットを詰め、それに投入後放置して羽化させました。
正直もっと小さいかと思ってましたが、テキトー飼育でも普通に大きくなりますね。
アマミコクワ自体マット飼育がマッチしてるというのも一つの要因でしょうけど...

話は変わりますが、アマミコクワといえば、ダラダラ産みなのが有名ですよね。
材にうるさい上に、産んでも少し...そんな感じなので正直セットしていて疲れます。
しかし、そんなときはカワラ菌糸を使えば大抵の場合しっかり産んでくれます。
勿論、良い材を使えば沢山採れますが、コストや手軽さを考えるとカワラ菌糸が使いやすいかと思います。

カワラ菌糸をボトルに詰めて少し寝かせて置けば、セット時ににその中にゼリーと親♀を入れるだけなので手間いらず、スペースも取りません。
かかる費用も少ないですし、面倒な材の加水、皮剥きも必要ないので、本当に楽ですよ^^

ドルクスなら大抵使えますし、皆さんも是非お試しください。
コクワや小型ヒラタは800cc、それ以上の種は1400cc以上でセットできます。
ただし、ドルクスでも見るからに繊細そうな種には使わない方が宜しいかと思います...

では

かっつさんプレ&産卵セット近況


20150429211413f26.png
かっつさんプレ
始まりますよ~
皆さんで盛り上げましょう~

協賛品は、また後日詳しく紹介しますm(__)m
現段階では多分小型マイナー種になるかと...
大型ドルクスも出せると良いんですが、割り出していないので何とも言えません^^;

では、参加要項等のチェックもお忘れなく!!
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
こんばんは~
先日から暖かくなり、産卵セットもバリバリに組んでいました(^^ゞ

一番の期待株の中国フォルモ↓は、それなりには齧っているといったところでした^^;

_CSC1773_convert_20170318185243.jpg

もっと沢山増やしたいのが本望ですが、先ずは累代出来ることに感謝ですね♪
...孵化してるとも限りませんが(汗)

そして大好きな台湾オオやクルビは、どれもバリバリに齧ってましたよ^^
此方は食痕が噴出していましたので多分孵化してると思います。

コクワ系はハチジョウ、バージニア、プセウダキス、ルフォノタトゥスが坊主&ほぼ壊滅でした...
ハチジョウはかっつさん、プセウダはアーリーさんからの頂き物で、本当に申し訳ないですm(__)m
どれも産んでいたのですが、幼虫が産卵セット内で消えていくという謎の減少に見舞われ、最悪の結果となりました...
ハチジョウは多分無精卵で、他は孵化しているので本当に謎でした(TT)
ハチジョウは♀が生きているので、相方を探し、リベンジしたいですね...!

そして成功しているのが、トカラ(中之島)、韓国です。
トカラはrioさんからの頂き物で、爆産してくれました^^
韓国はまだ割ってないですが、バリバリに齧ってます♪

セット待ちは三重、アマミです。

ノコ、ヒラタは全然セットできておらず、ケースとマットが不足しているので後回しになってます。
ノコはアマミ、オキナワ、コンフキ、がセット待ちで、ヒラタはオキナワ(久米島、伊平屋島、沖縄本島)、アマミ、オキノエラブ、京都、カリマンタン、タウルス(マリンドゥケ、サマール、カタンドゥアネス)と、セットしきれるのかわかりません(笑)
でも、少しづつ消化しようと思います。

後はアッチョスネブトがもりもり産んでます(笑)
一度は絶えかけましたが、プセウダキスと共にアーリーさんが送ってくださり、何とか持ち直せました。
アーリーさんのおかげで思い出の虫をつなぐことが出来、本当にありがたく思いますm(__)m
本気で30mm近くまで育てますよ~

...もっとセットしているような気がしますが、まとまりがなくなりそうなので、今日はここまでにしときますね~
これからもセットラッシュは続きそうです...
では

お久しぶりです(>_<)

こんにちは〜
コメ返&訪問が滞っており、申し訳ございませんm(__)m
そろそろ復活します(^^;

今日は朝からマットが届いたので、カブト系の幼虫のマット70Lの交換をしていました。
一箱が一瞬で無くなりました(汗)
(手抜き画像ですいません…)

20170205160525da2.jpg
こちらはメキシコ組🇲🇽
スモールメガソマとシロカブトが入っています^^

20170205160527b4b.jpg

これが今日の作業分です(笑)
多すぎて腰&肩が凝りました_| ̄|○
まだこれでも足りなかったので、来月また続きをやります。

やはりカブト大量飼育は疲れますね(^^;
では

かっつさんプレ協賛品

20150429211413f26.png

かっつさん春プレ始まりま~す♪

僕はこのプレには思い出があります
ブログ始めたのも、思い返せば去年の今頃のかっつさんとの交流がきっかけでして...
ですので協賛も張り切りますよ(^^ゞ
初めての方も、バンバン応募宜しくお願いしますね^^
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

こんばんは~
今日は僕のかっつさんプレの協賛品を紹介します。

1
アッチョスネブト 成虫ペア
RIMG2513_convert_20160510125106.jpg

アッチョスネブト
スラウェシ島南部産 CBF6

流通の少ない、貴重なネブトです。
大きくても20mm前後ですが、大歯の個体の重量感は抜群ですよ^^

ブリードは簡単で、ミニプラケに微粒子カブトマットを軽く詰めるだけでOKです。
水分量は、普通でよいです。

2
マイナーセット①~カブト・ブンブン~

_DSC0649_convert_20151014132102_convert_20160510130432.jpg
ホルニマンヒラズカナブン
カメルーン産 CB 2~3令10頭
_CSC1345_convert_20160110221316_convert_20160510130402.jpg
イリガーサイカブト
インド ジャンムーカシミール州産 CB 2~3令4頭

ホルニマンは、30mm前後の、美麗種です。
角のカラーと体のカラーがマッチしていて、カッコいいです♪

イリガーは、インドの限られた地域に住む、ナシコルニスサイカブトの亜種です。
小さすぎず、大きすぎないサイズ感なので、スペースも取りませんよ~

どちらも爆産種で、イリガーは水分多め。ホルニマンはマットを開封したままの水分量で、爆産します。
セット内容はほぼ同じで、マットを小プラケ~中プラケに軽く詰め、ペアで投入するだけです。
イリガーは後食前にセットに投入します。

3
マイナーセット②~マイナークワ~

RIMG2550_convert_20160510125247.jpg
タウルスヒラタ 各産地幼虫(サマール、オーロラ、イロコスのいずれか)

RIMG2826_convert_20160510125203.jpg
ビプラギアトゥスノコギリ
ベトナム南部 バッカン産 F3 初令~2令5頭

RIMG1302_convert_20160510130339.jpg
アスタコイデス・カルベイ
ベトナム南部 ダラット近郊産 CB 初令~2令4頭

2016.04.03 ムナコブ 01
ムナコブクワガタ
オーストラリア東部クイーンズランド産 初令~2令4頭

タウルスは、広範囲に生息する、普通種です。
今回のは、入荷の少ないフィリピン産に成ります(^^)v

ただし、WD持ち腹でセット中ですので、提供できるほど採れない場合もあるかと思いますが、その時はご了承くださいm(__)m
採れた場合、以下の産地から選んでいただきます。
・ルソン島 オーロラ州 シェラマドレ山脈
・ルソン島 イロコスノルテ パガットパッド
・サマール島 マグサイサイ

ビプラギアトゥスも、広範囲に生息する普通種です。
しかし、兄弟で長歯が出ている系統に成ります。
長歯は、オキピタリスのような感じで、かなりカッコいいですので、お勧めです^^

アスタコイデス・カルベイは、ベトナム南部に生息する、アスタコイデスの亜種です。
WDも飼育品もあまり見かけませんので、入手の機会は少なめです。
綺麗な色合いと、いかつい大顎がカッコいいですよ♪

ムナコブクワガタはオーストラリア東部に生息する、小型のクワガタです。
正確に言うと、マダラムナコブクワガタに成ります。

流通は少なめですが、飼育してみるとびっくりするくらい爆産します...(笑)
しかし、半分くらいは3令~蛹で溶けたり、黒くなったりしますね~

このセットは産卵セット中ですので、採れなくても文句を言わない方のみ、応募お願いします

4
ギラファ・ケイスケ成虫トリオ
RIMG2384_convert_20160510133712.jpg
ギラファ・ケイスケ
フローレス島産 F2 90UPトリオ

ギラファ・ケイスケは、ギラファノコギリの、フローレス島付近の亜種です。
大きくなると120mmを超えますが、今回の個体は90mmUPの、小型個体です。
画像の個体より小さいと思いますが、初めて手に取ったときの感動は凄いですよ♪

飼育は、普通のノコセットでOKですが、太く柔らかい材を入れると爆産しますね~
幼虫飼育は、マットでも菌糸でも材でもデカくなるので面白いですよ^^

5
国産セット~スタンダード~

RIMG2385_convert_20160510134340.jpg
アマミヒラタ
F3 龍郷町 長雲峠 トリオ

WEカブト(Bライン)
CB 弥栄 ペア
(画像がなくてすいません...)


アマミヒラタは、兄弟で大型が羽化してます(画像の個体含む)。
今回の個体は、60mm前後の小型ですが、70mmを超えたあたりから雰囲気が変わりますよ~
血は確かなので、是非次世代で70mmUP狙ってくださいね♪

WEカブトのBラインは、少々弱いですが、ピンクアイも時折出ます。
ですので、数を多めに採っていただけると楽しめると思います。

個人的に一番お勧めの協賛品です^^


今年は、こんな感じで行こうと思います。
完全に僕の趣味なので...人気がないのは目に見えてますが、皆さん応募お願いしますね

テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

プロフィール

ムシきんぐ

Author:ムシきんぐ
生物大好きムシきんぐです。
主に昆虫、爬虫類、少し川魚、奇虫、両生類など色々います。
ムシ友さん募集中です^^

今月の一枚
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
↓ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking

虫友さんの近況です^^
検索フォーム
リンク
連絡はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる